ウェッジウッド(WEDGWOOD)の卸販売、仕入れ

ウェッジウッドWEDGWOOD
高級食器の代名詞ともなっているウェッジウッドは1759年、ジョサイア・ウェッジウッドによって創設されました。今ではおなじみの白い器、使い勝手の良いカップも、彼の斬新なアイデアと実験の結果、生み出されたものです。「陶器本来の素朴な温もりを残しつつ、芸術の域まで洗練させたい」という夢を徹底して追求し続けた彼は遂に「アーザンウェア(硬質陶器)」を生み出します。この陶器に魅せられたジョージ3世の妃、シャーロット王妃が 「クイーンズウェア(女王の陶器)」と命名を許した陶器という事でもよく知られています。
▼取扱い商品の一例
Festivity/フェスティビティ
「フェスティビティ」とは、「祝祭」という意味合いで、表面にレリーフのように浮き上がる立体柄をモチーフにしています。「女王の器」の名を冠した温もりのある素材が特徴で、実用性・機能性・美しさを兼ね備えており、電子レンジ・食洗機にも対応しているので、普段使いや贈り物にも大変喜ばれています。
Wild Strawberry/ワイルドストロベリー
その名のとおり、野イチゴの実や花、美しい緑で描かれた葉が、器全体が可憐に彩られています。 見つめるだけで、思わず微笑みたくなるような、とても愛らしいデザイン。 ワイルドストロベリー・シリーズは、様々なシェイプがあるため、少しずつ集めていく楽しみもあります。 世代を超えて愛され続けている理由が、手にとることで実感できるような気がします。
Columbia Sage Green/コロンビアセージグリーン
金彩の柄『コロンビア』は、ヴィクトリア朝初期に流行した装飾文様のグリフィンで、最も歴史ある絵柄の一つです。グリフィンは、ギリシャ神話に登場する架空の動物で、鷲の頭と翼、ライオンの胴体を持ちます。黄金を守護すると言われている、王家や貴族の紋章にも使われていた高貴なモチーフです。落ち着いたグリーンは品格があり、金のグリフィンと薔薇の紋様は、気高さと高級感を感じさせます。
Kutani Crane/クタニクレーン
1820年に、世界的な名器として知られている日本の"九谷焼"を意識して作られたデザインです。東洋への憧れとエキゾチシズムが英国で昇華した、欧米で特に評価の高いシリーズです。 繊細なラインがひときわ目を引く大変美しいデザインです。繊細なラインのタッチに優しいパステルカラーが施されており、柔らかい雰囲気を持っています。
Ulander Powder/ユーランダーパウダー
1903年、セオドア・ルーズベルト米国大統領の時代に、ホワイトハウス用のディナーサービスセットの特注依頼を受けました。その際に制作した“ユーランダー”という小花を用いた可憐な金の縁取りを施したデザインです。